HOME住まいのQ&A > 給水・給湯Q&A


水まわりや冷暖房のトラブルは、故障の原因や修理する個所を見つけるまでがひと苦労。そんなときはこのQ&A集をご利用ください。
このQ&A集にあてはまらない場合には、ぜひ吉崎工業所までご連絡ください。皆様のより快適な生活に向けて真心をこめてお手伝い致します。
お問い合わせはフリーダイヤル(0120-57-3763)、お問い合わせをご利用ください。
| Q&A一覧に戻る |

トラブルQ&A

1.給水・給湯


1-1.使い始めに蛇口をひねると赤水がでる。
原因 配管内のメッキが剥がれ錆が発生していると思われます。
処置方法 水道用亜鉛メッキ鋼管で配管されている場合は、配管の交換が必要です。(ご相談下さい)
吉崎工業所からのコメント
近年は、ステンレス鋼管、架橋ポリエチレン管などの錆の発生しない管種が主流です。またバルブ類に ついては、鉛を排除した人体に対して安全性の
高い製品を使用しています。
関連製品メーカURL
株式会社ベンカン
http://www.benkan-japan.com/prosumer/mj/product/01.html
株式会社タブチ
http://www.tabuchi.co.jp/products/p1_1.html

1-2.蛇口を閉めても水がポタポタ漏れる。
原因 パッキンの接する面にゴミが付着しているか、蛇口の内部のゴム製パッキンが減っています。
処置方法 ゴミが付着している場合は、蛇口を満開にすると水圧によりゴミがなくなり解消される可能性がありま す。
それでも止まらない場合は、パッキンの取替となります。
吉崎工業所からのコメント
ホームセンターなどでパッキンを購入される場合は、メーカーによってサイズが違う事がありますので 確認して購入して下さい。
関連製品メーカURL
TOTO:
http://www.toto.co.jp/products/faucet/
INAX:
http://www.inax.co.jp/
KVK:
http://www.kvk.co.jp/

1-3.水道水のイヤな臭いがする。
原因 水道管の内部に長い間、水が滞留していたと思われます。
処置方法 水を少しの間、出して下さい。但し、水道管の老化が激しいと直らないと思われます。この場合は水道管の取替などが必要と
思われます。(ご相談下さい)
吉崎工業所からのコメント
錆臭い臭いでしたら、少し出していたら消えると思いますが塩素臭でしたら沸騰させるか、若しくは汲み置きしなければ消え無いと思います。

1-4.白く濁った水が出る。
原因 水道水の中に空気が入っている為です。
処置方法 ゆっくり出すとあまり白くなりません。又、しばらくすると徐々に消えて行くと思います。
吉崎工業所からのコメント
お湯を出すと白くなることがありますが、これは水を給湯機などで急に沸かすと水の中に入っている溶存酸素が分離を起こした為と思います。

1-5.給水管が凍結する。
原因 配管の通っている部分で、マイナス気温になる場所があります。
処置方法 マイナス気温になる場所を調査し、断熱処理又は、凍結防止用テープヒーターを巻くなどの処理を行い ます。
吉崎工業所からのコメント
一般住宅の場合、床下換気口が開放されていて外気が床下に入り込み凍結する事があります。マンション・アパートの場合、1階が不在で2階の水道が
凍結する事があります。水抜きは、昼夜にかかわらずこまめに行いましょう。

1-6.湯水混合栓・シャワーの出具合が悪い。
原因 混合栓、減圧弁などのフィルターにゴミが詰まっているか、配管内が錆等で細くなっていると思われます。
処置方法 フィルター詰まりの場合は、清掃を行います。配管内の錆等は、配管の交換が必要です。
(ご相談下さい)
吉崎工業所からのコメント
混合栓のフィルターは、メーカー・種類により付いていない製品があります。減圧弁は、給湯機器の種類により付いていない場合があります。

1-7.水道料金が普通の月よりも高い。
原因 普段と変わらず使用しているのであれば、漏水している可能性があります。
処置方法 漏水している場所を調査し、補修します。
吉崎工業所からのコメント
よくある事例として、屋外の埋設配管や床下の配管などの発見しにくい場所での漏水、給湯機に取り 付けられた安全弁が噴きっぱなしになり排水される
などがあります。
関連URL
北見市企業局:

http://www.city.kitami.lg.jp/docs/2011032100055/


【お気軽にご要望、ご意見をお寄せ下さい】
このQ&A集には当社がよくお客様からお問い合わせのあることについて掲載しております。
ご返答につきましては当社の経験などにより掲載しておりますが、間違いや誤解を招く表現が含まれているかもしれません。
もし、お気づきの点がございましたらご意見又はご指導を戴きたいと思います。
フリーダイヤル:0120-57-3763 
E-Mail    :info@yoshizaki-co.jp